×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

崖♂のホームページを飾るトップページのイラスト葛飾北斎の 「神奈川沖波裏」 の代表作の波の絵であるが、これを多くのアウトドアメーカーが使っている。代表的なのは 『パタゴニア』の「Tunami」後ろの山にはパタゴニア山塊が描かれている。  また、ウエットスーツやサーフウエアーを制作販売しているメーカ 『クイックシルバー』 のマークにも、この北斎の 「神奈川沖波裏」 が使われているようだ。  ここ数年にわたって『welcome to Cliff♂』のトップの画像は馬鹿 半可臭異の手により 「神奈川沖波裏」 の一部を修正して使用している。


大蝦夷波乗り列伝 この作品は初期のものであるが大波にぶっ飛ぶサーファーが組み込まれている。  長期に亙りこの作品が『welcome to Cliff♂』トップとなったが、バックの情景が朝焼けだったり、青空だったり、と常に変化が与えられた。  バックの山は駒ヶ岳から利尻岳に、(でも全然似てない・・・)変化してきている。  この絵の最終は波が二倍になってパワーアップしたところで「石川 五右衛門」バトンタッチとなった。  さてこの初期の謎のサーファーとは・・・
  Googleでイメージ検索して偶々ブチ当たった この絵馬鹿 半可臭異の創作意欲を誘った。  当時、日清『どんべぇ』のCMにもこのてのモノが使われたため、パクリでは・・・との噂がたった。(まぁ殆どが贋作ではある・・)


五右衛門ハングファイブ
さてこのシリーズの二作目現在の表紙となっている 「石川 五右衛門 」 がハングファイブを決め北斎の波に乗る図であるが、当初は 石川 五右衛門 だけであったが、物語的に考えた
馬鹿 半可臭異
北斎の大波 にぶっ飛んだ 高之助 の噂を聞きつけ、 石川 五右衛門 がこの波を求めてやって来た。  聞きしに勝るこの波に命をかけて挑戦!
見届け人としてやってきた 三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛 はその光景に度肝を抜かれるのであった。』

円熟期に入った馬鹿 半可臭異はこの絵に印を押した。


長板の政
馬鹿 半可臭異は次なるヒーローをGoogleのイメージ検索で探し続けた。『大蝦夷波乗り列伝』ふさわしいイメージを持った 遊び人に巡り合ったのだ。  後の大スター長板の政である。
馬鹿 半可臭異はこのヒーローに格好のロケーションを与えた。またしても北斎である。
甲州石班沢に長板(現ロングボード)を抱えて波の状態を見に来た長板の政 は釣り人に一言「どきなッ!」といって波を見続けていたそうだ。  いまだにこの が波に乗っているのを見たものは誰もいない・・・


長板の政
  そうそう長板の政が蝦夷地のサーフィンのメッカ浜厚真に現れたという。 そこでも政がテイクオフした姿は確認されていない・・・
 
馬鹿 半可臭異は「ちょっと疲れた・・」と言い残して旅立っていった。